脂肪をキレイに溶かすボトックス【美容外科で健康的に痩せる】

笑い顔

シワ治療の種類と方法

フェイス

製剤の注射によるシワ治療

どうしても目立ってしまう表情じわで悩んでいる方は多く、特に女性にとって顔のシワは何としてでも消したい・目立たなくしたい存在でしょう。そもそも表情じわができるのは、顔の表情筋と呼ばれる筋肉が動くことによる為です。気にされている人が特に多い、目尻のシワは眼輪筋という目の周囲の筋肉の動きにより現れるとされています。また目尻と同じくらい気にされている方が多い額のシワは、前頭筋という表情筋が動くことで作られてしまいます。さらに眉間のシワでしたら原因は雛鼻筋という筋肉が要因です。これらの表情筋の動きを抑えることが出来れば、表情じわを消す・目立たなくさせることが可能なのです。顔の筋肉の動きを抑えるのに効果的である方法が、ボトックス注射です。美容クリニックなどで注射できますが、一回の注射による費用は5万円前後と大変高価な方法です。ちなみにボトックスとは、ボツリヌス菌が生み出す毒素を濃度を薄めた薬です。ボツリヌス菌の毒素には、筋肉の動きを弱める・止めてしまう作用があるのです。つまりボトックスを表情筋に注射することで、筋肉の働きを弱めることができ、表情じわを目立たなく、さらには消してしまうことが可能なのです。しかしボトックス注射の効果を得られる期間は半年前後が一般的です。つまり表情じわを消し続ける為には、半年に一度は美容クリニックでボトックス注射を行い続けなければいけないのです。そして一回の注射で大量にボツリヌス菌を注射してしまうと、表情が少し不自然になってしまいますので、経験豊富な医師に注射してもらうのが重要と言えます。

シワの治療の種類と違い

シワの治療として効果的とされている方法が、ボトックス注射の他にヒアルロン酸注射も有名です。この2つの製剤は全く効果が異なり、シワの種類によってボトックスを注射するか、ヒアルロン酸を注射するのかが選択されます。ヒアルロン酸注射は、主に深いシワを目立たなくさせる際に選択される治療法です。深いシワと言うのは、表情に関係せずに常時現れているシワのことです。深いシワの溝部分にヒアルロン酸を注入し、膨らませることでシワを目立たなくさせることが出来ます。一般的にほうれい線、目の下のクマ、まぶたの窪みなどにヒアルロン酸の注入が選択されます。表情のシワを治療するのがボトックス注射であるのに対し、ヒアルロン酸注射は表情筋には全く作用しないのが大きな違いと言えます。そしてボトックスの注入はシワの治療以外にも、エラの張りを改善しての小顔効果・ニキビの炎症を抑える効果・制汗効果があります。特に夏場には脇などに大量の汗をかく、多汗症を抑える治療としてボトックスを用いることが増えて来ています。ボトックス注射を行った場合、注射の針跡は全くと言って良いほど目立ちません。注射後のアザ・内出血などもすぐに消失し、治療によるダウンタイムは大変短いのが特徴です。額に注射を行った場合は目が細くなったような違和感を覚え、二重の人は普段より二重の幅が狭まったように見えることもあります。これらも時間の経過とともに比較的短期間で元に戻ります。ボトックス注射で小顔効果の為にエラの治療を行うと、アゴの筋力が一定期間低下します。この場合も3日前後で元に戻りダウンタイムは殆どないと言って良いでしょう。